教室別


アートリンガル外語学院 イタリア語

陽気で愉快でのんびり、とかくそんなイメージが先行する国イタリア。陽光の下で交わされる言葉は、フランス語と同じくラテン語から派生した明瞭な言語です。
料理や音楽の方面で多くのイタリア語が取り入れられているので、身近に感じる機会も多く、またオペラ鑑賞の際は内容を理解する助けにもなります。

文字と発音

素直にローマ字読みをすれば通じるイタリア語の発音は、英語の発音の難しさに泣かされた日本人にとっては有難いものです。

イタリア語アルファベットは21字。そのうちh(アッカ)は使われても発音はしません。例えば、Ho un libro.(私は本を一冊持っている)の最初の文字はホ、ではなく、オと発音します。
日本語にはないものに v (ヴ)の発音があります。前歯で下唇を軽く噛んで出す特殊な音(vinoヴィーノ=ワインなど)です。
r と l の発音の区別も日本人にはやっかいです。場合にもよりますが、日本語のラリルレロは l の方の発音に近いと言われています。一方 r を発音する時の独特な巻き舌には、使いながら段々と慣れて行くしかないようです。最初のうちは出来なくても気にせずに。

ローマ字読みが通じない例外もあります。例えば以下のようなもの。

ca(カ) chi (キ) cu(ク) che(ケ) co(コ)
cia (チャ) ci(チ) ciu(チュ) ce/cie(チェ) cio(チョ)
ga(ガ) ghi(ギ) gu(グ) ghe(ゲ) go(ゴ)
gia(ジャ) gi(ジ) giu (ジュ) ge/gie (ジェ) gio(ジョ)
glia(リャ) gli (リ) gliu(リュ) glie(リェ) glio(リョ)
gna (ニャ) gni(ニ) gnu(ニュ) gne(ニェ) gno (ニョ)

またイタリア語の母音の「エ」と「オ」には、それぞれ二種類の発音あります。pesca( 魚釣り)pesca(桃)はどちらも「ぺスカ」と発音しますが、「魚釣り」の単語の「ぺ」の方が口を大きく開いた強い発音になります。しかしこれは単語を見ただけではどちらかわかりませんし、地方によっても異なってくるので、あまり気にしなくても良いでしょう。

イタリア語を話す時は、アクセントが何処に来るかという点に気をつけて、「ちょっと大げさかな」と思うくらいハッキリと口を開けて発音するのがコツです。


前のページへ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 次のページへ

完全月謝制の英語・幼児英語教室です
講師は全員ネイティブ。NHKやYMCA他一流企業への派遣もしています
初心者歓迎の安心システム
英会話他外国語の短期上達ならアートリンガル外語学院
口コミから育った英語教室 アートリンガル外語学院
広島・福岡の子供英語教室
上達を実感
英会話こども英語フランス語イタリア語スペイン語ドイツ語
アートリンガルが選ばれる理由レッスン一覧各校地図企業・保育施設派遣翻訳・通訳
大阪エリア
本町校
(06)6251-8010
なんば校
(06)6636-0320
昭和町校
(06)6628-8639
西田辺校
(06)6609-3070
我孫子校
(06)6698-7622
 
 
広島エリア
広島本校
(082)227-7722
段原校
(082)263-3280
横川校
(082)239-9357
西広島己斐校
(082)274-2241
府中校
(082)288-2328
西条校
(082)422-0862
福岡エリア
博多校
(092)474-1995
天神校
(092)715-8181
大橋校
(092)408-7735
新宮校
(092)692-9472
古賀校
(092)944-1444
 
 
新潟エリア
新潟校
(025)248-1154
小針校
(025)211-4950
亀田校
(025)282-5008
亀田駅前校
(025)282-7122
白山駅前校
(025)232-6115
東新潟校
(025)276-3300


©1992- Artlingual Institute All Rights Reserved.
英会話、子供英会話、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語のアートリンガル外語学院